桜蘇鶴 SAYOTURU さよつる アーティスト クリエイター アートセラピー 色彩セラピー アカシックリーダー 🌹インスタ rinsai 2004

さよつる 桜蘇鶴 SAYOTURU クリエイター アーティスト アートセラピー 色彩セラピー インスタrinsai 私は私 腎疾患

八木さやちゃん 子宮委員長はるちゃん 新刊は…

f:id:sakuraturuhime:20181225135639j:plain


サイン本だと思ってAmazonで購入❣️

サイン本じゃ無かった💦勘違い…


で、

読み始めたら、


ウムウム


ふむふむ


じわじわと納得しながら読むので

進まないの〜〜

けど、

はるちゃん本は、全て買って読んできたから



今回が、ラストでやっと



腑に落としながら読める

読めてる気がしてる…



#子宮委員長はる  ちゃんを知って

たぶん、


約四年かな。。


あのころは

人生、1番くらいの大転機に行かなくちゃ、

受け入れなければならない体調で、



道で歩けなくなる

車から降りたら、一歩も足が動かない

階段登る途中で、立ち往生、、小雨が降りだす




次に、病院に行くと

透析開始、シャント作る手術

間違いないな、



恐怖ドン底

過ぎ

親にも友人にも

誰一人知らせず、



主人と2人



市役所に

先に障害者手続き資料もらって

指定病院に行き

ほとんど歩けなくなっていたから

本人確認の場所には、

私が、出向かないと手続き出来ない場所には

まだ歩けるうちにと

先回りして

フラつきながら



最低限の行動して



病院に説明受けに主人と通い


すぐに手術しないと、

体調と検査数値なのに

拗ねた私は、手術を伸ばし伸ばし

3カ月

納得した時に、

シャント手術を受け


さらに

くすぶって

人生拗ねてて


シャント手術して

透析してまで元気になった所で

何が私に楽しみがあるのさっ


フン



何で

私、人生ずーっと

腎臓医療に

"治らない、治療無い、"しか言わない腎臓医師に、

関わらなきゃいけないんだ、‼️


自分の人生なのに

受け入れ出来ないまま、

6歳からのあれこれを



我慢

我慢

しんぼうしたら、〇〇できる


我慢したら、元気になる


アレ検査したら、良くなる  かも


に、


医師に

親は全信頼し

子供の私の腎臓病は珍しいから


大阪で

大学病院では

モルモット的検査、検査、検査入院、

腎性研  細胞数取れずに失敗

再度、再検査  再度  腎性研  再入院



などなど


などなど


ま、


ふてくされた

シャント手術入院時期に、



前置き長いけど


それから


たまたま流れてきた、



#子宮委員長はる ちゃんブログを


シェアしまくって

FBの友人からチェックされたり、


"あれはシェアしたら、皆んなに見られるよ"

注意受けて、

当時は慌てたり。。。




はるちゃんブログは、

第1、第2チャクラに

響いて響いて、



ビックリしたのを覚えてます。。



なんだ?

この、身体に響く文は‼️

なんだ?私、何に反応してる?



興味わくまま、身体に

響くのを知りたくて、



読み漁ったけどイマイチ判らないから



退院して

透析開始した

ドン底メンタルを


上げだしたのは


大阪に住む私が、

名古屋に来るはるちゃんに

逢いに行こう❣️



だった。。。



旅好きな私が

数年間の体調不良で

腎不全と、エンパスと、早期更年期が

トリプルだった後の、透析だったから



何かやりたい


逢いたい




生きる

その日のために体を整えよう

食べよう



会う日のために



湧いた気持ちは

何年かぶりだったなあ〜



まだ本は出してなくて、


それから本、出した片っ端から買って読んで



けど、判るとこ出来たところ、ところどころ



はるちゃん、若過ぎて💦😅

たぶん、お母様より上だろう私の

女性のメンタルは、

はるちゃんには、

まだまだ判らないわ、、


20年前に読んで見たかったな


なんてね。。

それから3回、4回?生はるちゃんを追っかけてました💖


生声を聞きたくて、


ホンマに居る   はるちゃんを体感したくてね



今回の新刊で

はるちゃん著者ラストの

この本はね、


読みやすいし、

腑に落ちる部分がチラホラ

だから、

時間が掛かる読む時間が



ゆっくり読みたいし



ゆっくり味わいながら読みたい気分でね



電車🚃移動にも、カバー付けないで読める



いつか、早くってわけには行かないけど

さやちゃんの、

更年期体調になるあたりの

心境を、

読んでみたいと今から思う


だから、しっかりと今を

感じながら

自分を見れたら

見ていけたら

味わうように、


本の、さやちゃんの感覚を

読み解きたいように読む

で、

主人とも、最近仲良しで


毎晩、仕事大好き今年はハードに働いてる

主人が、

ますます、好きで


好きって

言えるようになった枠が、広がっている



主人から見護られてる感も、

強く判るし

私から、愛されてるのも

判る

私が、女性として

要求、欲求、願い、望みを



知れば知るほど

気づけば気付くほど

主人や周りに、発信すればするほど



主人は男気溢れてくるよーな

たくましくなるよーな



はるちゃん

さやちゃんが書いてる事が、


たぶん、コレだ!?

たぶん、流れに乗れてる⁈

繋がり出してる気になる


あんなに判らなかったのに

筋が通ってきてるかも…

体感が、楽しい😁って、読みながら

今までの本と、違う読み方なんだよね



さやちゃんの

未来、年齢重ねてくさやちゃんの

言葉は待ち遠しい


日々、自分の身体に聞いて

過ごすって

集中して、日が早く過ぎてく


さやちゃんも、ハッピーちゃん改め

さちちゃんも、

他にも、

なんだか来年も、さらに楽しみ

もちろん私が、私ん楽しみでしかないよ


広がり、主人、周りにも共に広がるのが

楽しみ💖  ありがとう  さやちゃん by千鶴♥️


#新刊

#子宮委員長はる

#恋と愛の進化論

#さよつる

#桜蘇鶴